英単語の覚え方 ー 向上心は邪魔!

      2018/02/16

中2M君が「単語が覚えられないんです。」と。

数字の11、12,13、14、15、20,30,40,50あたりがなかなか入らないそう。

とりあえずテストして、丸付けしてを5回繰り返すよう指示すると、1回目を考え考えやって、2回目やったところで、「だめだ~、ぜんぜん覚えられていない!」とギブアップ。

そこで。

1回目より2回目はきっと覚えられているはずという向上心を捨てなさい。とにかく10分以内に5回繰り返すことだけに専念すること。5回目が1回目とまったく同じ間違いをしてもかまわないから。

とアドバイス。

すると。

「先生、×が一つだけになりました!!」

 

で、最初のトライとアドバイス後のトライではほぼかけた時間は同じでした。つまり、根っこが真面目なM君は「2回目なんだから全部かけるようになるはず」という向上心があるので、ダメダメな2回目で単語練習が面白くなくなってしまったわけです。

向上心なんかいらないから、とりあえず作業を5回繰り返すということを無心でやることによって、結果的にできるようになる→面白くなる、という循環に入ってしまえばいいんですね。

明日になると、今日覚えたことの半分は忘れてしまうのですが、それも淡々と受け入れて、もう一度「作業」をすればいい。

心を乱さないことですな。

 

本日の言葉

焦ることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役に立たない。

焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔を作る。ゲーテ(詩人)

 

バビの解説

焦ってうまく行くこともないし、後悔しても戻らないしね。

でも

焦ったり後悔するんだよ、にんげんだもの

なんていう詩人もいるんだけどさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 英語