ワークの準備的使用

   

 

今、中学校では副教材として各教科のワークが渡されますね。

これをうまく使えてない人が圧倒的に多いので、いくつかの技をご紹介。

たとえば、「数学の友」の場合。

 

数友をやるときに気を付けるのはA問題とB問題を同時にやらないこと

そもそも平均点に行かない人ならB問題なんていらない。

A問題ができるようになったらB問題をやればいい。

 

まだ習ってない、これから習うところのA問題だけをノートにやる

 

当然、なんもわからない。

 

でもそれでいいのです。なんもわからないまま、やろうとしてください。そして赤ペンで解答を写しておく。

 

これは何をしているかというと、学校の授業を受ける準備をしてる。

これをやるだけで、学校の授業を受けたときに「あ、あれだ!」って思う。

そうすると、授業がわかる確率があがるんです。

 

本日の名言

準備があればもっと自信を持てるし、戦略があればもっと落ち着ける。カップルズ(プロゴルファー)

バビの解説

なにごとも準備とねらいが大切ってことね。

 

 

 - 数学